採用情報:新卒の方 / 中途の方
 

防災システム一覧

防災製品一覧

 

高速道路トンネル

高速道路トンネル防災システム

高速道路トンネルイメージ図

システム概要

本システムは、感知器または赤外線サーモカメラなどの火災検知装置により、高速道路トンネルにおける自動車火災の発生を監視し、火災発生時に水または泡混合水を放射し消火を行うシステムです。
本システムは、

1)大量の泡水を遠距離に放射できるためガソリン火災に対して早期消火が可能
2)放水パターンを変えることによって火災状況に対応した消火ができるという点で、他の消火方式には無い特徴が有ります。


システムの運転モード

本システムの運転モードには次の3つがあります。

  • 手動モード
    火災発生時に警報を出し、現場にて火災発生を確認し、放水銃を手動操作することで消火を行います。
  • 半自動モード
    火災発生時に警報を出すとともに、ノズルが火災位置に指向します。現場にて火災発生を確認し、放水開始ボタンを押すことで自動消火を行います。
  • 自動モード
    火災発生時に警報を出すとともに自動で放水を行います。人による操作の必要が無いため、現場が無人状態のときの火災監視に最適です。
 

主要構成機器

放水銃

防塵防水に対応したステンレス製の消火装置です。防護対象物や防護範囲に応じて小流量から大流量まで対応します。

 

火災検知装置

空港ロビー等の多数の人が集まるエリアを常時監視し、火災発生を素早く検知します。
火災検知装置には、煙感知器、紫外線・赤外線炎感知器、赤外線サーモカメラなどがあり、防護対象物に応じて機器を選定します。

 
紫外線・赤外線炎感知器
赤外線サーモカメラ
 

関連する防災製品

 

本システムの納入以外にも次のサービスを行っております。